下の子の成長記録の少なさに後悔

私は二人の子供がいらっしゃる。上の子が誕生したとき、それはほんとにうれしく、何かあるたびに写真を撮っていました。先輩ママからの「新生児は毎日顔が変わるから毎日写真を撮って並べてみるとうれしいよ」というアドバイスを通していたからでした。そうして、成長記録もつけていました。いつ寝返りを打ち、いつハイハイをしだしたのか、その時の感動や感想も細かく書いていました。今それを見るとその当時が鮮明に思い出されます。
一方、二人目が生まれた時、私はこの子の分も当然鮮明に記録するつもりでした。とことん二人目の写真は少なるという話を聞きますが、私はそれほどはならない。平等に写真を毎日のように撮ると、義憤というような気持ちでいました。
ただし、上の子の世話もあり、毎日あわただしく過ぎ行く中、気持ちにも余裕がなくなり、その義憤は徐々に薄れていきました。
寝返りいつうっていたのだろう。ハイハイ、気が付けばしていた。
その当時は確かに敢然と見届け、感動していた事は覚えています。
ただし、それを写真として残してはいませんでした。
動画も上の子に比べればはるかに少ないです。
子供の成長はあっという間です。下の子は近々小学生になり、なんでも自分でしたい時期に入ってきました。
依然幼稚園にもいかず家で常時共にいた頃は子供の口ずさむ歌や話題がいつどこで得たものなのか容易に察しが付き、情報を共有できていました。但し、幼稚園や小学校に通いだすといった私の知らない情報を持ち、少しずつ私から手が離れていっている感覚があります。
忙しい、気持ちに余裕がないという言い訳を出し、実際上の子にも同様に愛情を注いでいたのだろうか、再度下の子とのふれあいができたのではないだろうか、携帯ばっかりいじって、子供の姿を本当に見ていただろうか。今、そんな反省の念がぬぐい切れません。
必ず子供達が今から成人を迎えるまでの時期もサッと過ぎるでしょう。
自分にできる限り、子供とのコミュニケーションを取り、限りある時期を子供達と共に楽しんでいきたいという考えられます。青汁で最安値で買えるのはこれ

脱専業主婦

急にパートナー控除を廃止と言われても、普段からきし税金のことなど考えたことがなかったのでどういうことなのかそれほど理解できませんでした。
小さなことかもしれませんがこれから何かをしないといういけないと思い、先ずすぐにできるため節約をしようと考えられます。無論まずは月に何百、何千円程度しかならないので大いに足りないと思うのですが、今まで専業主婦だったので急に自分で収入を得たほうがいいと言っても仕事をするは、時間の調整をしたりといった生活を大幅に変えないといけません。ましてや子供がいるので自分だけの考えで勝手に決めることもできません。
そこで内職なら時間も自由にできますし、自分のできる範囲で子供が昼寝中や夜寝た後などの時間が使えます。それに単にスキルも取り除けるような仕事もあるようなので初めての仕事もできそうです。勿論単価は安いですが、せっせと作業をするのは好きですし自分にあっているといった考えられます。
近所のママ友にも何人か内職をしている人がいるのでどっか紹介してもらうのもいいですよね。家計や収入のことなど人任せにしないで、ますます自分で勉強していかないといけないと思いました。そのあとはもしもステップアップしていけるのならパートもやっていけたらと考えられます。http://www.thevampiretales.com/

夢を叶えられるように、人としての基礎を敢然と築いてほしい。

妊娠が判明した頃から夫と共に名前を考えるとともに、どんな人に育ってほしいかをとことん話していました。
親として子供において思うことはやっぱり子供自身が有する夢を叶えてほしいということです。そのためには叶えたい夢を持つということが必要だし、夢を持つためには世の中の様々なものを知り何かに興味を持つことが必要です。そうしてその夢にかけて努力をすることが必要となります。
ただし夢を叶えるためだけでなく生きていく上でも、人として基本的なことが予め必要だと私も夫も考えました。たとえば挨拶をきちんとするなどの礼儀や、人に対して感謝いただける、努力を継続することが出来るというようなことです。そういったことがきちんと身に付いた上で、自分自身の有する夢にかけて進んでいってほしいというのです。
それで名前を考えるときにも、人としての基礎を敢然と築いてほしいという願いを込めました。子供自身のリスキーを親によって潰してしまうことだけはしたくないので、生計の中で殊に意識していることはやはり褒めることと愛情を伝えることです。自己肯定感が養われてくれたらと思い、敢然と言葉や態度で表して伝えます。そうしてその上で、してはいけないことは駄目だという教えたり、やばいことは叱ったりしています。
子育ては正解がないし私のやり方でいいのか不安になることもありますが、子供には自分で考えて行動して努力が出来る人に育ってくれたらいいなとしてます。そうしていつか夢を叶えてくれたら親として一際幸せです。http://www.coralgablesfoodwinespirits.com/

離婚は急に訪れるかも知れない。

私の失恋書き込みだ。
僕は5才下のママって会社で馴染みになりました。
僕はおんなじ現場では恋愛しないと決めていたのですが、
そのキッズといったいると楽しくて業も賢く言っていたのです。
そのキッズも私の家屋に行きたいって言って来たり、
僕とデートしてくれたりというまんざらでも薄い容姿でした。
ただし断られるのが怖くて開示出来ないとおり二ヶ月がたってしまってたのです。
これは駄目だと思い告白して成功して付き合う面になったのです。
僕はかなりノリノリになり嬉しくてたまりませんでした。
一月付き合いキスもして洗いざらい快調だと思っていたのです。
但し付き合いだして二ヶ月わずかある日に彼が業を辞すると言い出したのです。
僕は慌ててひき止めたのですが、
その引き止め方も厳しくなく俺が続けるからとゆう事を言えば良いのに、
俺も押さえるよ辞めたいのって言ったのが彼は気に入らなかったみたいです。
僕はノリノリになりすぎて彼を冷静に見てあげられてなかったのです。
分かれは急に生じるかも知れない、
突然の情況が来ても慌てないようにしないといけない事を教わったのです。
彼という別れてからは教義をいかし彼が出来た時は冷静に確かめるときは見るようにしました。
そしたら結婚する事が出来たのです。
付き合うや恋愛は楽しくてノリノリになりやすいですが、
有頂天になる時と冷静になる時をわけて恋愛すると上手くいくって考えられます。cyprusbrides-grooms.com/