ズボラな私の掃除術

私は家事の中でも一番掃除が苦手です。
そんな私の掃除術を些か紹介したいって考えられます。
最近まで、我が家はラグの上にテーブルを置いてその上で食事をしていました。
ですが、ラグの毛が長い為、ゴミがへばりついてなかなか取れないのです。
それが嫌になり、一挙、ラグというリビングテーブルを取っ払い、フローリングにダイニングセット置くことにしました。
すると、フローリングだと汚れが目立つので、やっぱしのズボラな私でも、掃除する気が起きるのです。
あと、台所はIHがオススメです。
何と言っても手入れが楽です。
調理が終わった後に、ささっと拭くだけで汚れが落ちます。
ぜひ、調理後直ぐ拭くという汚れもこびりつきません。
あとは水周りの掃除です。
そこはわざわざ、主人に任せてある。
私の主人は掃除が苦手な私を知り尽くしているので、そこは家を建てたときからやってくれてある。
出勤前に便所が汚れたりしていると、ササっとやってから仕事へ行ったり、キッチン周りを息子が寝たあとに協力してやったりといった、心から助かっています。
いくら専業主婦も、苦手なことはあるし、子供がまだまだ狭いので起きている間にやれることは限られています。
掃除が苦手な方は、受け止めてくれる方って結婚するのをオススメします。公式サイトはhttp://www.festivalexpress.jp/

掃除を楽しむにはものを少なくし、お気に入りの掃除用品を見つけること

掃除のコツはどうしても家のものを少なくするということです。とにかく家具は必要最低限のもののほうがいいです。ものが少ないと掃除をするときにどかす手間がないので掃除を決めるという気になれます。家具をどかすのって面倒で、忙しいときや疲れているときは掃除しなくていいかという気持ちになってしまう。
ものが多いと汚れていてもよくわからないことってありませんか?ものが少ないと汚れているのが一気にわかるので気になってしまい掃除せずにはいられなくなります。
あとは掃除用具を自分のお気に入りのものにするという掃除のときのテンションが上がるのでおすすめです。私は無印良品の掃除用品においていらっしゃる。趣味など何かを始めるときにものを買うことから始める人っていますよね。掃除もそのように考えたらいいと考えられます。今はおしゃれな掃除用品もたくさんあります。必ずやお気に入りの掃除用品が見つかるはずてす。
我が家では子供たちに掃除を教えていらっしゃる。掃除は私一人で多彩できるのですが、私の母が掃除のできない人で実家が散らかっているのが私の小さい頃のコンプレックスでした。子供たちにはそのようになってほしくないので今から掃除することを教えていらっしゃる。家もきれいになるし、子供に掃除を教わるし一石二鳥です。http://triothijs.nl/

やりたいことへの金銭的・物理的支援

私が子供としてあげたいってずっと思っているのは、とにかく「子供がやりたいことへの金銭的・物理的支援」ですね。
具体的には、もしも私立などのお金がかかる学校に行きたいと言われたら、家計に無理がなければ是非行かせてあげたいは思っていますし、習い事もやりたいことをさせてあげたい(当然、自分でこうしたい、こう恋い焦がれるという具体的な目標があって、一概にやれるという条件は付けますが…)。
最もポイントとなるのは、親が「こうしなさい」といったからではなく、「子供が自分からやりたいといった」については出来る限り惜しみなく使ってあげたいということです。
というのは、私が子供のころに自分がやりたくない習い事をさせられて、やめたいと泣いて訴えてもやめさせてもらえなかった(一度始めたことはやめるなということでしたが、それでもその習い事は親が教室を見つけてきて、その先生が私には結構合わなかった)こと、そして逆にやりたい習い事をさせてもらえなかったという思い出(トラウマ)があるからです。
なので、たとえば子供が自主的に習い事をしたいと言ったらさせてあげたいし、その送迎や自宅の練習の手伝いも正しくしたい、それが親の務めです。マッスルエレメンツはHMBとクレアチン配合